FC2ブログ
 

 管理人の雑記や鉄道ニュース、地元羽島の鉄道の情報に撮影日記、サイトの更新情報やBVE制作記など、なんでもありのブログ。

 

BVE 神鉄1000系列オブジェクト更新

人気の高まる神戸電鉄、当サイトでは2013年末に1000系列オブジェクトを公開しましたが、公開から5年弱が経過したこともあり更新を行いました。「更新」と銘打ったものの新規追加したデータがあります。

【新規追加】
■1500系

1500系は前回公開時に台車画像が無く組み込めなかった形式です。その後2014年夏に無事撮影…ってそこから何年経過しているんだという話ではありますが、これにて近年の1000系列各種は一通り揃った形になります。

【更新】
どちらかと言うとデータの紹介。なお以降の各形式の更新内容は車輪立体化と台車の修正、連結器胴受の変更、冷房形状の変更、パンタ回り表現追加などです。また3扉の各形式については扉窓形状を実車同様の隅丸型に改めています。
■1070形

3扉・単行運転可能なグループですが、現在は1100・1150系と組んで4連を構成しています。
■1100系

2扉・3連で数の多いグループでしたが、前回のデータ公開後廃車が進行し本形式のみの4連は消滅しています。
■1150系

3扉・3連のグループですが2編成のみ、しかも片方は1070形と組んで4連とされています。今回の更新で製造時期の異なる2編成の先頭車の作り分けをしています。
■1300形

2連・2扉で当初より回生制動のないグループです。5編成ありましたが冷房化は1編成のみ、その1編成もデータ公開後の2015年に廃車されています。
■1350形

2連・3扉のグループです。乗務員室直後にKマークのある第2編成以降を再現しています。
■1370形

中間車1320形として製造され、後に先頭車化改造されたグループです。3編成ありましたが、うち1編成はデータ公開後の2015年に廃車されています。なお画像は逆向き(新開地方)の様子です。

★ダウンロードはこちらから★

【おまけ】

そういえばこんなツイートを見掛け、HiSEは無いですが西鉄8000形はあるので並べてみました。色以外にメーカーが川重製(HiSEも一部川重製)、製造年も近い(HiSEは1987年、西鉄8000形は1989年、神鉄1500系は1990年)など、意外と共通点が多いです。
ng1001
ng1001 posted by (C)P車解結可6連
HiSEは写真・形式図ともありますが形が大変そう、作ることは無いと思います。今年初めて長野で乗車しましたが、あの床が高いのはちょっと驚いてしまいました。車内のページでいずれ紹介することになるでしょう。

【制作近況…?】
前回のデータ公開時、「平日も仕事から帰ってパソコンを立ち上げ作業することが少し増えた気がします」と書いていました。確かにそうなのですが、BVEに限って言うとその後は今月に入って神鉄1000系列に着手するまでほとんど何も作っていないという有様…
振り返ってみますと、8/11~19に帰省、9/1~3に四国、9/16・17に新潟、10/6~8に帰省、(10/13の週末は風邪)、11/3・4に帰省と頻繁に出掛けています。9月の新潟ではお馴染み猫耳幼女さんから鉄道図書刊行会の「日本民営鉄道車両形式図集」(1975年当時の民営鉄道各社局約1500形式の形式図を掲載)をお借りしスキャンを進めており、この作業が済みますとBVEオブジェクト制作にも一層寄与するだろうと考えております。

今回の更新も、「公開からそろそろ5年」という点もさることながら、実態としては空白期間を埋めるためのリハビリ?と、公開ページが来年春でサービス終了となる「Yahoo!ジオシティーズ」にあるため、どうせならデータごと更新してしまおうという考えがありました。
この条件のデータはまだいくつかあるので、今後も同様の理由でのデータ更新があるかもしれません。今のところ山陽と西武を思い浮かべているところですが、どうなるやら…
スポンサーサイト

「Yahoo!ジオシティーズ」サービス終了に伴う今後の方針

毎度ご覧いただきありがとうございます。
2007年末に開設しました「FUKUJU TRAIN NET」も昨年末で10周年を迎え、まもなく11周年を迎えることになります。当初Yahoo!ジオシティーズで開設した当サイトは、2014年頃から徐々にFC2への移管を開始、現在は頻繁に更新する「編成別写真集」とここ数年で大幅に拡充した「trainseat.net」の大半のページをFC2に移管しております。

今後も引き続き、少しずつ移管を進めていくつもりではありましたが、来年3月末をもって「Yahoo!ジオシティーズ」のサービスが終了されることが発表されました。
現在全く手を付けていないページは、即ち内容が古いページということですので、何らかの手を打たねばならない状況にあります。ただ中には昨年からの生活環境の変化で更新の見込みがないものもありますので、ここに各コンテンツの今後の方針を記します。

【編成別写真集】
当サイトの主力コンテンツですので当然ながら更新を続けます。ただ、近鉄・遠鉄・あおなみ線については現在のところ多くがジオシティーズに残ったままなので、早急に移転させる方針です(遠鉄は今後内容を更新できるかちょっと怪しい感もありますが…)。また最初の目次のページもまだジオシティーズのままなので、これも早めに何とかします。

【trainseat.net】
FC2への移管を始めてから更新が大幅に増え、今となっては主力コンテンツになりました。当然ながら更新を続けますが、JR西日本と京阪はジオシティーズに残ったままの物が多いため、早急に移転させる方針です。

【FTN-BVE】
更新を続けますが、目次のページまではFC2に移管したものの各項目についてはジオシティーズに残っているものが前2コンテンツより明らかに多いです。ページを移転させると同時に、データの質に難がある(更新したいと考えている)ものは移転と同時にいったん公開停止する可能性があります。

【羽島の鉄道】
初期からあるコンテンツですが、竹鼻線のページは2010年(?)に合同サイト「竹鼻線の日常」にその役割を譲りました。新幹線のページはまだ残っていますが、前述の通り昨年からの生活環境の変化で羽島を離れてしまったため更新は厳しいと判断します。従いまして、FC2への移転はせず公開終了とします。
ただ保線車両のページだけは無くすのも勿体ないので、有識者からも話を聞きつつ何らかの形で残すことを検討します。

【その他コンテンツ】
トップページには置くほどでも無い雑多なコンテンツの集合体です。ここが一番問題。
形式写真
サイトをFC2に移行し始めた時期にブログの1コンテンツとしてスタートし、その後の拡充でサイトにも展開したため特に問題は無く更新を続けます。ただ編成別写真集にある事業者の車両については、そちらに取り込む格好になりそうです(名鉄は全編成の8割以上で1両ずつの写真を撮影済みです)。
動画
サイト公開時からあるコンテンツですが既に全てブログに移行してあるため、特に問題なく更新を続けます
保存車・保存設備ガイド
サイトで始めたものの後にブログに移行したものです。半分がジオシティーズに残っていますが、写真枚数と情報の兼ね合いでそのまま移転するだけでは済まないような気がしています。そのため現在FTN本体で公開しているページについてはFC2に移転せず公開終了とします。
ただ再度訪問して写真が増えた、など状況が変われば公開終了としたページの再公開があるかもしれません。
撮影日記
こちらも途中でブログに移行したものです。2008・2009年のものすべてがジオシティーズに残っていますが、ページの量と写真の質の関係で今となってはとてもお見せできるようなものではありません。従って、こちらも現在FTN本体で公開しているページについてはFC2に移転せず公開終了とします。
竹鼻まつり
5月3日の地元の祭りの山車の紹介です。毎年大型連休の頃だけアクセスが伸びます。移転作業のやるやる詐欺を2年くらいしていますが移転させます
なお「SDR-DB」は今のところブログで完結していますので(本当はもっと大きくなるはずだったんだけど)今回の件には該当しません。また「運転台資料館」は元々BVEのパネルデータとして用いることを想定し運転台の写真だけを集めたページですので、「FTN-BVE」に取り込みます(ページは全て移転済み)。


長々書きましたが、要するに以下の通りです。
[更新継続]
・編成別写真集
・trainseat.net
・その他コンテンツ-形式写真
・その他コンテンツ-動画
・その他コンテンツ-竹鼻まつり
[更新継続ながらジオシティーズ終了と同時に一部閉鎖]
・FTN-BVE
・その他コンテンツ-保存車ガイド
・その他コンテンツ-撮影日記
[閉鎖]
・羽島の鉄道(新幹線)

最後にジオシティーズで残っているトップページですが、年明け以降に移転させます。新しいアドレスは既に決定しており、http://ftnp6.web.fc2.com/index.htmlとなります。


実は管理人自身も更なる生活環境の変化が起きかねない状況ではありますが、(サイト更新にかける時間があるかどうかは別として)悪い方向にはならないだろうと思います。今後とも当サイトをよろしくお願いいたします。

高山線不通に伴うキハ25甲種輸送

2018年7月の記録的豪雨に伴い、高山線では土砂崩れが発生し坂上~猪谷間が不通となった。復旧作業が進み既に11月下旬の運転再開が発表されているが、これに先立つ9月9日には猪谷に取り残されていたキハ25形2編成を救出すべく富山経由でJR東海管内に回送された。
180909-キハ25×速星
180909-キハ25×速星 posted by (C)P車解結可6連

輸送が行われた9月9日のほか、その前2日は留置されているところを撮影したので併せて紹介する。

↓続きはこちら↓

【動画】豊橋鉄道(市内線) 井原の急カーブ

豊橋鉄道東田本線の支線(井原~運動公園前間)は1982年と比較的新しい区間ですが、元々の赤岩口方面の線路から半径11mという国内でも類を見ない急カーブで分岐します。
今回はその急カーブを曲がる列車の動画を2本、異なる方向から撮影しましたのでご覧いただきます。


まずはカーブの外側、赤岩口寄りの歩道から。列車は駅前行きのモ3500形。

続いてカーブ内側から、運動公園前行きのモ780形。

この急なカーブのため2009年導入の超低床車T1000形は運動公園前に入れず、専ら駅前~赤岩口間で運用されています。名鉄から譲渡された部分低床車モ800形も同様でしたが、こちらは2018年になって台車カバーの撤去と車高上げを行いこのカーブを曲がれるようになったそうです。ちなみに撮影した日は車庫で寝ていました…
 

BVE キハ11形オブジェクト更新

「更新」と銘打ちましたが新規公開もあります。

【新規公開】
■ひたちなか海浜鉄道キハ11形

引退したキハ11形のうち、3両がひたちなか海浜鉄道に移り活躍しています。帯色は流石に変更されオレンジ1色になったほか、前面幌が変更されたようです。その他は大きく変わっていないようですが、何分実車を見たわけではありませんので違うところがあるかもしれません。

【更新】
■JR東海キハ11形

公開が2012年夏、その間に実車は意外にも引退してしまいました。ただ公開から引退するまでの間に伊勢車を見る機会がありましたので、前回データにはなかった0番台(伊勢車)を追加しています。

なおファイル名を「200番台」としているものはスカートが強化型になる前の姿を便宜上区分した(実車が割と遅くまで原型スカートを維持していたような気がする)だけで、番台区分による相違と言う訳ではありません。

■東海交通事業キハ11形200番台

東海交通事業所有で他の車両が無い城北線ではありますが、この200番台も例外なく置き換え対象となりました。ステップが無い点が特徴で、ひたちなか海浜鉄道に譲渡はされましたが部品取りとしてだったようです。

★ダウンロードはこちらから★

【当てにならない制作近況】
1年以上前に「パソコンデスクが無く、不自然な体勢でパソコンを使っている(→疲れる→パソコンを立ち上げない)」なんてことを言っていましたが、漸くパソコンデスクを導入し作業効率が上がりました。(というか今回のキハ11もこの時点で殆ど完成していたんですね…)
平日も仕事から帰ってパソコンを立ち上げ作業することが少し増えた気がします。

…それは良いんですが、いろんなものに手を付けて収拾がつかなくなりつつあります。

115系は細かい部分を調整しています。幌枠と雨樋の形状を修整、特に後者は前面を屋根までテクスチャ化することで表現が可能になりました。形状の修正を終え次第カラーバリエーションを増やしていきたいと考えていますが…
ニイN37_新潟色
ニイN37_新潟色 posted by (C)P車解結可6連
こんなのとか、
ニイN40_新潟旧国色
ニイN40_新潟旧国色 posted by (C)P車解結可6連
こんなのも撮ってきたので追加したいところ。車種の多さから新潟色・新新潟色は後回しにして、先にリニューアル色・旧国色を作ろうかと思っています。新新潟色作るときAU712クーラーどうしよう…


そして遂に手を出してしまった名鉄電車(まあ名鉄車が全く無いわけではありませんが)、まずは6000系です。とりあえず中期車を作り上げ、初期車はテクスチャ差替えと最低限の変更で済むので良いとして、その先どうするか…というところですが兎にも角にも先に進めなければ話になりません。

この他阪急各種、京阪8000系(プレミアムカー)を進めているほか、そろそろ公開中の東急7000系・京王3000系(が譲渡された車両)も作り直したいところ。1つに集中した方がいいような気もしますが、中々それが出来ないのが難しいところです。
 

プロフィール

 

P車解結可6連

Author:P車解結可6連
「FUKUJU TRAIN NET(略称FTN)」の管理人P車解結可6連が運営するブログです。
プロフィールはこちらをご覧ください。

※このブログは吐夢様のメモ活動を許可しています(毎度巡回ありがとうございます)。

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

月別アーカイブ

 

 

最新コメント

 
 

カウンター

 

カウントは2008/9/23/21:55開始

 

Twitter

 

 

映画「阪急電車」

 

 

リニア・鉄道館

 

 

RSSリンクの表示

 
 

リンク

 
 

ブロとも申請フォーム

 
 

QRコード

 

QRコード

 

検索フォーム