FC2ブログ
 

 管理人の雑記や鉄道ニュース、地元羽島の鉄道の情報に撮影日記、サイトの更新情報やBVE制作記など、なんでもありのブログ。

 

BVEリトルダンサー各種オブジェクト追加・更新

突然BVE6の時代がやってきましたが、相変わらずオブジェクトを.csvで制作し続けています。今回は昨年初めに予告していたリトルダンサーのオブジェクトです。

【新規公開】
■とさでん交通3000形

とさでん交通になって初の新車、低床車は初期のリトルダンサーである100形以来16年?ぶりの2編成目です。他社では従来車と一線を画す塗装を採用する場合も多い中、同社はこの塗装自体がまだ新鮮ということもあるのか従来車と共通の塗装を採用。しかも本形式・従来車とも違和感なく仕上がっているのが好印象です。なお今回のリトルダンサー各種は最近のデータ共通の行先表示変更・灯具明滅に対応していますが、このデータは行先画像の極端な不足で画像の「桟橋通五丁目」しか収録していません。
とさでん交通の車両のオブジェクトはこれが初制作ですが、代表形式である600形や名鉄由来のモ590形も今後の候補としています。
★ダウンロードはこちらから★

【再公開】
ジオシティーズ終了に乗じて「更新予定」称し公開を止めていた2種です。
■富山地方鉄道T100形

2014年のデータ公開以降に登場したT103・104(写真の右2両)を追加しました。行先表示は今年の路面電車南北直通で乗り入れるようになった「岩瀬浜」を始め数種類追加しています。
★ダウンロードはこちらから★

■豊橋鉄道T1000形

リトルダンサーUaタイプを初採用した形式ですが、半径11mの超急カーブは曲がれるはずもなく運用が限定されてしまっています。今回のデータは従来に比べ幌を延ばしており、カーブで編成分離しているように見えてしまう現象にも一応対処したつもりです。
★ダウンロードはこちらから★

【更新】
■伊予鉄道モハ2100形

こちらは同じリトルダンサーでも単車のタイプSを採用している伊予鉄の2100形、今回はオレンジ一色の新塗装車を追加しました。
実は前回公開時点で既に新塗装車が存在し上手くいっていれば同時公開も出来たはずだったのですが、公開前年の松山訪問が台風で中止になり再訪叶ったのはこの春。主力のモハ50形も制作候補に上がり続けていますが、その前にモハ2000形の新塗装車が先でしょうか。
★ダウンロードはこちらから★

[新コーナー:質問に答える]
???「あれ阪堺と筑豊は…」
ふとん「また今度」



[More...]は制作近況と言うかキハ40系の話と言うか…
スポンサーサイト



 

113・115系オブジェクト追加・更新

大型連休に入りましたがこの状況ですから帰省は出来ず、自宅に引き籠っている状況です。昨今の情勢から時間に余裕が出来ていることもあって、時代劇の再放送やスタレビのDVDを見ながらBVEデータの制作を進めるのが日課になりつつあります。

そんな訳で前回予告通りに113・115系オブジェクトを追加・更新しました。今回の更新内容は…
・「黄色」の追加
・3000・3500番台の追加
・113系と115系の作り分け強化
・連結器およびジャンパ栓、パンタグラフ、灯具回りの表現強化
・灯具・タイフォン・方向幕の別ファイル化
などとなっております。
なお公開停止中の湘南色と阪和色は修正箇所とファイル数が膨大なため先送りしています。

★ダウンロードはこちらから★

以下長々と紹介です。

【新規公開】
◆115系(体質改善30N・広島)

何気に未公開だった広島地区の体質改善30N車です。

公開していなかったのは2016年のデータ改修当時3000番代を制作していなかったからに他なりません。

117系改造の3500番代も制作。こうなると117系も…と考えてしまいますが、113・115系でそれを言い出してしまうとキリがありません。

今回スノープラウや客用扉の手掛け、タイフォン形状などで「なんとなく」113系と115系の作り分けをしています。画像は同封していますクハ111と別ファイル「体質改善40N・広島地区」と組み合わせたもの。

◆115系(黄色)
体質改善40N車以外の黄色い車両をまとめてしまったデータです。


上は広島の30N車、下は岡山の300番代です。このような一般的な仕様が中心ですが…


クハ115初期車

クハ115-191(前照灯改造)

クハ115-607(先頭車化改造・AU13冷房) ※逆向き

クハ115-622(113系から編入・張り上げ屋根) ※逆向き

クハ111-811・812(113系800番代・前照灯改造・WAU102冷房)

???「曲者じゃ!出合え出合え!」

◆115系(黄色・40N)
こちらは公開済み(後述)の「40N」「40N・広島」を統合しただけですから単純なもの。



【更新】
◆113系(体質改善30N)

◆113系(体質改善40N)

いずれも冒頭に記した表現強化等を行いました。またスノープラウや客用扉手掛の有無、タイフォン形状の違いなどを再現して2000番代と2700番代の違いをはっきりさせています。

◆115系(体質改善30N)

各部表現の強化に加え、K編成の再現に対応したモハユニットと300番代のクハを追加しました。体質改善車と同色に塗られた古い制御車、というのは下関区でもあったかと思いますが、そちらは今回制作を見送っています。

◆115系(体質改善40N)

他データと同様各部表現を強化しています。画像は逆向きですが、このようなJR化後の改造先頭車も灯具回りを中心に改良を施しています。

◆115系(体質改善40N・広島地区)

「115系(体質改善40N)」と同様追加は無く、もっぱら表現強化を行っています。

[More...]は今後の展開と113・115系データに関係する形式の話。
 

BVE西鉄9000形オブジェクト公開ほか

昨今の情勢から時間に余裕があって…

【新規公開】
◆西鉄9000形

2017年に登場、増備が続く9000形です。こちらは少し前に完成していましたが、公開に先立ち種別・行先・車番・灯具設定を別ファイル化しました。

LEDの前照灯と種別・行先表示で夜でも目立つ新車ですが、今までの方向幕の流用が効かないので差替用の種別・行先表示は種別が「普通」「急行」、行先が「福岡(天神)」「二日市」「筑紫」の3種類だけとなってしまいました。

★ダウンロードはこちらから★

【更新(再公開)】
◆5000形

ジオシティーズ終了に乗じて(?)一度公開を止めていたものです。今回の更新では貧弱だった側面テクスチャを差し替え、また他社の車両から流用していた床下機器テクスチャも差し替えています。元となる写真を十分に確保できたのは2016年・2019年の九州旅行の成果です。

今回は6000・6050形データと同様灯具の変更も可能にしたほか、幕は更にバリエーションを増やして以前は多数設定のあった「津福」のほか使い道の全く無さそうな「大橋」「春日原」も追加しています。

台車表現を強化した前回更新で概ね一通りの編成を再現可能にしたつもりだったのですが、最終増備の第40編成は予備品の台車を使ったらしく初期編成と同じKW-9・10を履いています。先頭車は初期車を使用すればよいのですが、公開直前になって初期の台車で2丁パンタの中間車という「穴」を見つけたので急遽追加しました。

★ダウンロードはこちらから★


【制作近況?】
今回再公開の西鉄5000形と同様、ジオシティーズ終了に乗じて公開停止としたリトルダンサーに着手していました。しかしながらふとTwitterを見ていたら、作ってあるものの未公開となっている115系3000番台を頑張って作っておられる方を発見。何だか申し訳ないので次は113・115系のバリエーション強化とします。

平日昼間に更新を行っているのには訳があり、昨今の情勢が勤務先を直撃し意図せず長い休みが生じてしまったんですね。その長い休みを生かして最初に始めたのが「103系の車歴表・編成表作り」…いやそれは収拾付かないだろうという話ですが、自分の中でも今一つ理解できていなかった西日本車の更新区分と施工車両、それに塗装を整理する意味合いもあります。103系のオブジェクトは今に至るまで1つも公開していませんが、大昔から何度か作ってはいるので資料も踏まえ改めて着手したいところです。
 

制作近況(2020/2)

早い話が広告回避、近況と言いつつ3週間くらい前の話です。
昨年はあちこち出掛けすぎた気がするので、今年はBVE制作にも一定の時間を割きたいなあ、と思っていました。まさか「そうせざるを得ない」社会情勢になるとは夢にも思っていませんでしたが…


前回予告した西鉄9000形に着手…というか既に概ね完成しています。灯具と行先は前作の京急1500形に続き別ファイルとし容易な変更を可能としましたが、短い滞在時間では確保できた行先が少なく「福岡(天神)」「二日市」「筑紫」しかありません。

こちらは現在公開停止中、更新に着手はしたものの途中で止まっている5000形です。側面をはじめ大半のテクスチャを差し替えたほか、各部の品質を近年のデータと同等に上げています。

5000形が終わったら600形の更新も行いまとめて公開の予定です。

大昔に着手したきり数年放置している東急8090系ですが、田園都市線で走っていた8590系が富山にやってきました。
TRR17485
TRR17485 posted by (C)P車解結可6連
昨年末に運用開始ししばらくスカート付きで走っていましたが、雪が降ったあたりにスカートを外したそうです。8500系を含め興味のある系列ではありますが、着手しては放置の繰り返しは何とかしたいところ。


113・115系も長いこと放置してしまっていますが

こういうのを見ると153系もいいかなあ、などと思ってしまいます。発端は鉄ピクの153系特集なんですが、よく考えたら本来守備範囲外のところどうして買ったんでしょう…


今週末は帰省、来週末は四国と制作に割けない週末が続きますが、それが終われば大型連休まで遠出は無い予定ですので西鉄各種の公開に持っていきたいところ。そうそう、長く続いてきた「図面スキャン」の終わりが見えてきたことにも触れておかなければなりません。
尤もこの情勢下では今週末と来週末の外出すら許されなさそうな雰囲気ではありますが、さてどうなるでしょう…
 

京急1500形オブジェクト公開

作っている間にいろいろなことがありましたし、「FTN-BVE10周年」の8月ごろにも全然間に合いませんでしたが、一応令和初の完全新作は京急1500形です。作り始めたのは2年前ですが…

さて京急1500形は数こそ166両と新旧100形の半分以下、製造期間も10年足らずとそこまでの勢力ではないのですが、その割にはバリエーション豊富な印象です。

まずは鋼製車更新前、M1南方のパンタグラフを撤去した平成に入ってからの姿。これは当初制作するつもりではなかったのですが、年齢詐称を疑われることの多い猫耳幼女さんの提案で制作。もっとも素材的に十分対応可能であることを踏まえての判断です。

それの車体更新車がこちら。

1500形は早々と仕様変更がなされ第2陣からはアルミ車体になります。このスクリーンショットでは車体更新した鋼製車との違いが今一つよく分かりませんが、データ上では鋼製車で目立っていた雨樋を消したというだけの違いです。
この形態で現存するのは4連2編成のみですが、既に消滅した6連・8連のチョッパ車はこれに増結していく格好になりますので(現存しないチョッパ車・2丁パンタの中間車も用意してあります)、作り分ける以上必要かなあ…と思い制作。

旧1000形の廃車で4連・8連各1編成から6連2編成への組替が発生、そうするとオールMの編成と4M2Tの編成が発生してしまうため、主に後者の出力不足を解消すべくVVVF制御化が行われました。データ上は床下機器テクスチャを変更しているほか、6連しかない仕様ですので先頭車の電連を最初から省略しています。
大改番の結果1600番台を新1000形に明け渡し1500番台に押し込んだ訳ですが、京急にそこまで詳しくない自分は今回の制作中も何度か混乱してしまったり…

1700番台は当初からVVVFインバーター制御を採用したグループで、気が付けば1500形で浅草線直通運用に充当されるのはこのグループだけになってしまいました。
なお今回のデータは灯具の明滅・行先表示(黒幕/白幕/LED)・運番・車番といった前面の変更可能箇所を全て別ファイルとしています。主には行先表示が3種類もあることへの対策ですが、今後はこの方法を標準にしても良いかなあ、と思っています。

★ダウンロードはこちらから★

併せて800形も更新しました。

早い話がデータの品質水準を1500形並みにしたということで、屋根回り表現の強化と初期車は換気扇の再現追加、側面行先幕追加、前面変更可能箇所の別ファイル化などを行っています。省略していた前面車番を追加したほか、灯具の明滅にも対応しました。
★ダウンロードはこちらから★


[More...]は「いろいろあった話」と今後の展開。
 

プロフィール

 

P車解結可6連

Author:P車解結可6連
「FUKUJU TRAIN NET(略称FTN)」の管理人P車解結可6連が運営するブログです。
プロフィールはこちらをご覧ください。

※このブログは吐夢様のメモ活動を許可しています(毎度巡回ありがとうございます)。

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

月別アーカイブ

 

 

最新コメント

 
 

カウンター

 

カウントは2008/9/23/21:55開始

 

Twitter

 

 

映画「阪急電車」

 

 

リニア・鉄道館

 

 

RSSリンクの表示

 
 

リンク

 
 

ブロとも申請フォーム

 
 

QRコード

 

QRコード

 

検索フォーム