FC2ブログ
 

 管理人の雑記や鉄道ニュース、地元羽島の鉄道の情報に撮影日記、サイトの更新情報やBVE制作記など、なんでもありのブログ。

 

京急1500形オブジェクト公開

作っている間にいろいろなことがありましたし、「FTN-BVE10周年」の8月ごろにも全然間に合いませんでしたが、一応令和初の完全新作は京急1500形です。作り始めたのは2年前ですが…

さて京急1500形は数こそ166両と新旧100形の半分以下、製造期間も10年足らずとそこまでの勢力ではないのですが、その割にはバリエーション豊富な印象です。

まずは鋼製車更新前、M1南方のパンタグラフを撤去した平成に入ってからの姿。これは当初制作するつもりではなかったのですが、年齢詐称を疑われることの多い猫耳幼女さんの提案で制作。もっとも素材的に十分対応可能であることを踏まえての判断です。

それの車体更新車がこちら。

1500形は早々と仕様変更がなされ第2陣からはアルミ車体になります。このスクリーンショットでは車体更新した鋼製車との違いが今一つよく分かりませんが、データ上では鋼製車で目立っていた雨樋を消したというだけの違いです。
この形態で現存するのは4連2編成のみですが、既に消滅した6連・8連のチョッパ車はこれに増結していく格好になりますので(現存しないチョッパ車・2丁パンタの中間車も用意してあります)、作り分ける以上必要かなあ…と思い制作。

旧1000形の廃車で4連・8連各1編成から6連2編成への組替が発生、そうするとオールMの編成と4M2Tの編成が発生してしまうため、主に後者の出力不足を解消すべくVVVF制御化が行われました。データ上は床下機器テクスチャを変更しているほか、6連しかない仕様ですので先頭車の電連を最初から省略しています。
大改番の結果1600番台を新1000形に明け渡し1500番台に押し込んだ訳ですが、京急にそこまで詳しくない自分は今回の制作中も何度か混乱してしまったり…

1700番台は当初からVVVFインバーター制御を採用したグループで、気が付けば1500形で浅草線直通運用に充当されるのはこのグループだけになってしまいました。
なお今回のデータは灯具の明滅・行先表示(黒幕/白幕/LED)・運番・車番といった前面の変更可能箇所を全て別ファイルとしています。主には行先表示が3種類もあることへの対策ですが、今後はこの方法を標準にしても良いかなあ、と思っています。

★ダウンロードはこちらから★

併せて800形も更新しました。

早い話がデータの品質水準を1500形並みにしたということで、屋根回り表現の強化と初期車は換気扇の再現追加、側面行先幕追加、前面変更可能箇所の別ファイル化などを行っています。省略していた前面車番を追加したほか、灯具の明滅にも対応しました。
★ダウンロードはこちらから★


[More...]は「いろいろあった話」と今後の展開。
スポンサーサイト



 

BVE神鉄1000系列オブジェクト 旧塗装追加

昨年11月に1500系を追加し更新した神鉄1000系列オブジェクトですが…
kb1151_復刻色
kb1151_復刻色 posted by (C)P車解結可6連
kb1357_復刻色
kb1357_復刻色 posted by (C)P車解結可6連
大型連休に神鉄を見に行ったら「メモリアルトレイン」が2種類とも撮影出来ましたので、オブジェクトとして追加しました。

【新規公開】
■旧塗装(灰地に橙帯)


まずは灰地に窓周りと雨樋・一部裾部オレンジの車両。こちらは「メモリアルトレイン」のほか、1980年代当時を想定したデータの両方をまとめました。1320形や連解運用絡みで電連付きだった先頭車、非冷房車など「現行仕様」には無い仕様も盛り込んでいます。なお1000形は省略、1050形も1100形先頭車で代用して頂くなど手を抜いた箇所が数多くあります。

■メモリアルトレイン(薄緑と灰色のツートン)

こちらは1000系列が纏ったことの無い薄緑と灰色のツートン、何となくメロンを思い浮かべます。1編成のみの存在で、使用できる場面はかなり限られそうですが…

【更新】
■現行仕様
画像はありませんが半年前に更新したばかりの現行仕様も更新しています。と言っても内容はごくごく軽微なもの、しばらく行かない間に増えた英字併記幕を追加しただけです。

★ダウンロードはこちらから★



【近況報告】
5月以降はこのデータを弄っただけでほとんど何も進んでいません。結局リトルダンサー各種なども中途半端な状態で現在に至っていますし、阪急は刻々と情勢が変わることもあって(?)中々先に進みません。
FTN-BVEは今年8月に10周年を迎えることになりますが、それまでには昨年春の215系以降無い「完全に新作のデータ」を公開したいですね…
 

BVEのと鉄道NT200形・平成筑豊400形オブジェクト公開ほか

「Yahoo!ジオシティーズ終了と共にデータも更新してしまおう」第2弾です。前回(神鉄1000系列)のとき「山陽と西武」とか言ってたのに全然違うじゃないか!と言われそうですが…

いわゆるNDCオブジェクト、今回データによっては2度目の更新となる訳ですが、主に
・床下機器テクスチャ貼り付け(今更…)
・側面テクスチャ一体化
・台車立体化
・ミラー再現追加
などを行っています。

(※2019/2/9 画像の表示不具合を修正)
【新規公開】
■のと鉄道NT200形

かつては結構な路線規模を誇った同社も気がつけば和倉温泉~穴水のみ、路線縮小とともに車両の入れ替えがあって18m級のNT200形が活躍しています。
実は前面形状が独特で、前面腰部の下半分が内折れしていてステップが張り出す形状をしています。富山在住の現在、能登半島は近場と言えば近場ですが昨年(2018年)11月に初乗車、オブジェクトに出来る程度は写真を撮ってきました。帰りにはNT300形「のと里山里海号」にも乗車、写真も撮ったのですが、今回の追加は見送りました(テクスチャに時間が掛かる)。
■平成筑豊鉄道400形

西鉄各種や甘木鉄道と同様、2016年の大学鉄研の九州合宿の成果です。そういえばこのときの様子ってブログでも座席のページでもほとんど紹介してないんですよね…
乗車区間と時間の関係から車両の写真はホームから撮った物のみ、いちおうオブジェクト化も想定して側面の写真も無いではありませんでしたが結構厳しいものがありました。ただスカートは本形式の画像をベースに新調し一部データに反映させています。

【更新】
■三陸鉄道36-700形

白無地のデータをベースにペイントでお絵描きして作ったものですが、更新前は登場直後に作ったのでかなり怪しい部分がありました。今回窓配置の修正を始め、テクスチャが雑なのは兎も角としてなるべく実車の写真を見比べつつ作りました。
南リアス線復活、北リアス線復活、山田線区間引き継ぎなどで増備を重ね、気がつけば同社の主力車両になっているようです。一度実車を見に行きたい、北東北エリアを再訪したい気持ちはありますが、何しろ遠い…
なお更新で車両の向きを逆にしていますのでご注意ください。公開中のキハ40形などJR車と向きが合わなかったもので…
■天竜浜名湖鉄道TH2100形

初期から公開しているデータで2度目の更新になります。2008年から概ね3~4年に1度のペースで訪問していましたが、最近はすっかり御無沙汰です。最近は本形式が湘南色になっているとか聞きますが…
■樽見鉄道ハイモ330形

こちらも2度目の更新です。2両目はモレラ岐阜のラッピング車ですから仕方ありませんが、実は1両目も観光列車になったらしく帯色の白い部分が銀色に変更されているとの由。今回前面テクスチャを描き直しています。
■白無地

お馴染み白無地データ、各自加工の上ご利用ください。今回側面テクスチャを一体化したので多少は使いやすくなっているかと思いますが、ミラーも追加したので色設定をしなければならない部分も増えています。
なおスカートのテクスチャは2種類付けていますので適宜ご利用ください。

ここまでのデータのダウンロードは★こちらから★

■三陸鉄道36-100形

登場から今年で35年を迎える36-100形も合わせて更新しました。公開が2014年なので床下機器テクスチャや台車立体化は対応済みですが、36-700形と同様向きを変更したのが最大の変更点です。またファイル名も変更しており、特に[36-100.csv]が前回と今回で異なるという紛らわしいことをしてしまっています。

★ダウンロードはこちらから★

制作近況、というか「Yahoo!ジオシティーズ」が終了する3月末までの方針は[続きを読む]からどうぞ。
 

BVE 神鉄1000系列オブジェクト更新

人気の高まる神戸電鉄、当サイトでは2013年末に1000系列オブジェクトを公開しましたが、公開から5年弱が経過したこともあり更新を行いました。「更新」と銘打ったものの新規追加したデータがあります。

【新規追加】
■1500系

1500系は前回公開時に台車画像が無く組み込めなかった形式です。その後2014年夏に無事撮影…ってそこから何年経過しているんだという話ではありますが、これにて近年の1000系列各種は一通り揃った形になります。

【更新】
どちらかと言うとデータの紹介。なお以降の各形式の更新内容は車輪立体化と台車の修正、連結器胴受の変更、冷房形状の変更、パンタ回り表現追加などです。また3扉の各形式については扉窓形状を実車同様の隅丸型に改めています。
■1070形

3扉・単行運転可能なグループですが、現在は1100・1150系と組んで4連を構成しています。
■1100系

2扉・3連で数の多いグループでしたが、前回のデータ公開後廃車が進行し本形式のみの4連は消滅しています。
■1150系

3扉・3連のグループですが2編成のみ、しかも片方は1070形と組んで4連とされています。今回の更新で製造時期の異なる2編成の先頭車の作り分けをしています。
■1300形

2連・2扉で当初より回生制動のないグループです。5編成ありましたが冷房化は1編成のみ、その1編成もデータ公開後の2015年に廃車されています。
■1350形

2連・3扉のグループです。乗務員室直後にKマークのある第2編成以降を再現しています。
■1370形

中間車1320形として製造され、後に先頭車化改造されたグループです。3編成ありましたが、うち1編成はデータ公開後の2015年に廃車されています。なお画像は逆向き(新開地方)の様子です。

★ダウンロードはこちらから★

【おまけ】

そういえばこんなツイートを見掛け、HiSEは無いですが西鉄8000形はあるので並べてみました。色以外にメーカーが川重製(HiSEも一部川重製)、製造年も近い(HiSEは1987年、西鉄8000形は1989年、神鉄1500系は1990年)など、意外と共通点が多いです。
ng1001
ng1001 posted by (C)P車解結可6連
HiSEは写真・形式図ともありますが形が大変そう、作ることは無いと思います。今年初めて長野で乗車しましたが、あの床が高いのはちょっと驚いてしまいました。車内のページでいずれ紹介することになるでしょう。

【制作近況…?】
前回のデータ公開時、「平日も仕事から帰ってパソコンを立ち上げ作業することが少し増えた気がします」と書いていました。確かにそうなのですが、BVEに限って言うとその後は今月に入って神鉄1000系列に着手するまでほとんど何も作っていないという有様…
振り返ってみますと、8/11~19に帰省、9/1~3に四国、9/16・17に新潟、10/6~8に帰省、(10/13の週末は風邪)、11/3・4に帰省と頻繁に出掛けています。9月の新潟ではお馴染み猫耳幼女さんから鉄道図書刊行会の「日本民営鉄道車両形式図集」(1975年当時の民営鉄道各社局約1500形式の形式図を掲載)をお借りしスキャンを進めており、この作業が済みますとBVEオブジェクト制作にも一層寄与するだろうと考えております。

今回の更新も、「公開からそろそろ5年」という点もさることながら、実態としては空白期間を埋めるためのリハビリ?と、公開ページが来年春でサービス終了となる「Yahoo!ジオシティーズ」にあるため、どうせならデータごと更新してしまおうという考えがありました。
この条件のデータはまだいくつかあるので、今後も同様の理由でのデータ更新があるかもしれません。今のところ山陽と西武を思い浮かべているところですが、どうなるやら…
 

BVE キハ11形オブジェクト更新

「更新」と銘打ちましたが新規公開もあります。

【新規公開】
■ひたちなか海浜鉄道キハ11形

引退したキハ11形のうち、3両がひたちなか海浜鉄道に移り活躍しています。帯色は流石に変更されオレンジ1色になったほか、前面幌が変更されたようです。その他は大きく変わっていないようですが、何分実車を見たわけではありませんので違うところがあるかもしれません。

【更新】
■JR東海キハ11形

公開が2012年夏、その間に実車は意外にも引退してしまいました。ただ公開から引退するまでの間に伊勢車を見る機会がありましたので、前回データにはなかった0番台(伊勢車)を追加しています。

なおファイル名を「200番台」としているものはスカートが強化型になる前の姿を便宜上区分した(実車が割と遅くまで原型スカートを維持していたような気がする)だけで、番台区分による相違と言う訳ではありません。

■東海交通事業キハ11形200番台

東海交通事業所有で他の車両が無い城北線ではありますが、この200番台も例外なく置き換え対象となりました。ステップが無い点が特徴で、ひたちなか海浜鉄道に譲渡はされましたが部品取りとしてだったようです。

★ダウンロードはこちらから★

【当てにならない制作近況】
1年以上前に「パソコンデスクが無く、不自然な体勢でパソコンを使っている(→疲れる→パソコンを立ち上げない)」なんてことを言っていましたが、漸くパソコンデスクを導入し作業効率が上がりました。(というか今回のキハ11もこの時点で殆ど完成していたんですね…)
平日も仕事から帰ってパソコンを立ち上げ作業することが少し増えた気がします。

…それは良いんですが、いろんなものに手を付けて収拾がつかなくなりつつあります。

115系は細かい部分を調整しています。幌枠と雨樋の形状を修整、特に後者は前面を屋根までテクスチャ化することで表現が可能になりました。形状の修正を終え次第カラーバリエーションを増やしていきたいと考えていますが…
ニイN37_新潟色
ニイN37_新潟色 posted by (C)P車解結可6連
こんなのとか、
ニイN40_新潟旧国色
ニイN40_新潟旧国色 posted by (C)P車解結可6連
こんなのも撮ってきたので追加したいところ。車種の多さから新潟色・新新潟色は後回しにして、先にリニューアル色・旧国色を作ろうかと思っています。新新潟色作るときAU712クーラーどうしよう…


そして遂に手を出してしまった名鉄電車(まあ名鉄車が全く無いわけではありませんが)、まずは6000系です。とりあえず中期車を作り上げ、初期車はテクスチャ差替えと最低限の変更で済むので良いとして、その先どうするか…というところですが兎にも角にも先に進めなければ話になりません。

この他阪急各種、京阪8000系(プレミアムカー)を進めているほか、そろそろ公開中の東急7000系・京王3000系(が譲渡された車両)も作り直したいところ。1つに集中した方がいいような気もしますが、中々それが出来ないのが難しいところです。
 

プロフィール

 

P車解結可6連

Author:P車解結可6連
「FUKUJU TRAIN NET(略称FTN)」の管理人P車解結可6連が運営するブログです。
プロフィールはこちらをご覧ください。

※このブログは吐夢様のメモ活動を許可しています(毎度巡回ありがとうございます)。

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

月別アーカイブ

 

 

最新コメント

 
 

カウンター

 

カウントは2008/9/23/21:55開始

 

Twitter

 

 

映画「阪急電車」

 

 

リニア・鉄道館

 

 

RSSリンクの表示

 
 

リンク

 
 

ブロとも申請フォーム

 
 

QRコード

 

QRコード

 

検索フォーム