FC2ブログ
 

 管理人の雑記や鉄道ニュース、地元羽島の鉄道の情報に撮影日記、サイトの更新情報やBVE制作記など、なんでもありのブログ。

 

最近作ってたあれこれ(阪急各種・名市交N3000Obj)

オブジェクトは作ってもSSはTwitterにばかり書いてましたのでこちら書くのは久しぶり。と言ってもTwitterにアップしたものばかりですので未公開のSSはありません(たぶん)。
・名市交N3000形
NCS-N3000_4
NCS-N3000_4 posted by (C)P車解結可6連
甲種回送の際に一通り撮影して、前面はビニールが被ってたのを強引に加工して仕立てました。甲種回送を撮ったはいいものの、その後情報がほとんど出て来て無いので当面放置です(

・阪急100形(新京阪P-6)
順番が変ですけど、阪急レールウェイフェスティバルでの収穫。
P-6_4
P-6_4 posted by (C)P車解結可6連
最新の電車は余り作ってこなかった管理人が作った最新の電車に続いて戦前製の車両に手を出した訳であります。動態保存の116と、前頭部だけ保存されている101のパーツを組み合わせました。
ベンチレターは円柱を使って誤魔化してあります。自動連結器は初めて立体化しましたが、今後の車両にどの程度反映させるかは未定です。床下機器の表現、この車両は資料も無いし画像も撮れなかったのでちょっと無理かな…と思っています。

・阪急現有車各種
3度目か4度目の修正。公開を続けている3300系、いい加減一旦公開を止めよう。
Hankyu3000_3
Hankyu3000_3 posted by (C)P車解結可6連
Hankyu3100_2
Hankyu3100_2 posted by (C)P車解結可6連
3000系・3100系です。正直言って分ける必要もないのですが、便宜上分けてあります。SSでは床下機器の表現は形だけとなっていますが、公開するときにはテクスチャ付きの物となる予定です。

hankyu3300_21
hankyu3300_21 posted by (C)P車解結可6連
hankyu3300_24
hankyu3300_24 posted by (C)P車解結可6連
3300系は大規模改造の有無で2種類のセットを予定しています。大規模改造車は冷房装置の形状を実車に合わせて変更しました。

hankyu5300_13
hankyu5300_13 posted by (C)P車解結可6連
hankyu5300_14
hankyu5300_14 posted by (C)P車解結可6連
5300系も大規模改造の有無で2種類のセットを予定していますが、冷房形状と幕形状の相違でもっといろいろ組めます。

このほか5100系と7300系(状況によっては勢いで7000系)を製作しています。これらが完成したら徐々に公開していきます。
スポンサーサイト

京阪6000/7200/9000系の7連化と新形式9700系について

10/16に実施された「京阪ファミリーレールフェア」の会場となった京阪寝屋川工場の車両部の掲示板に「6000系/7200系/9000系の組み替え(7連化)とそれによる余剰車で(仮称)9700系の新造」という内容の掲示があった。

以下の画像4枚は掲示されていた紙を写したものである。
9000_7cars
9000_7cars posted by (C)P車解結可6連
まずは9000系の7連化。単純に1両抜くのではなく、5号車と6号車の9150形と9550形を抜き出し、替わりに6000系6553~6556を組み込むというもの。
7200_7cars
7200_7cars posted by (C)P車解結可6連
続いて7200系の7連化。こちらも単純に1両抜くのではなく、3号車と4号車の7800形と7300形を抜き出し、替わりに6000系6557/6558を組み込むというもの。
N9700_1
N9700_1 posted by (C)P車解結可6連
そして新車9700系。前述の7200系と9000系の余剰車に既に余っている6000系6551と6552を改造、7連2本を組むというもの。
N9700_2
N9700_2 posted by (C)P車解結可6連
「改善シート」に掲載された内容。隣に掲載されているのが「軸バネが云々」という工場の業務の改善の提案書なことを考えると物凄く壮大な提案である。

この文書、要約すると以下のとおりである。

→現状だと…
・エネルギー効率の良い車両が8連で(全線直通の)普通運用に入れず、エネルギー効率が良くない古い車両がその運用に入っている
・6000系に余剰車が発生している
→そこで…
・6000/9000系の一部と7200系を7連化して余剰車を新造車両に改造する(どうにも分かり辛い文章ではあるが)

→そうすると…
・VVVF制御の7連を2本、しかも完全新造に比べて大幅に安く製造できる
・エネルギー効率の劣る旧型車の置き換えが出来、エネルギー効率の良い7200/9000系を(全線直通の)普通に充当でき、エネルギー効率を高めることが出来る
・1両あたりの乗車率が上がり、コスト削減が可能

以上のような内容である。
この紙には提案した社員の氏名と社員コードも掲載されていたが、それについては(問題があるかもしれないので)加工の上消去した。つまり、この提案はあくまで一社員のいわば「私案」ということとなる。しかし下の方、「改善提案委員会」からの回答には「今後の運用効率を考える上で大変参考になる提案であり、技術課含めて新造時に検討資料として取り入れます」と、解釈によっては新造を前提とした提案であるとも読み取れる。
※「私案」か否かについては[more...]より先でも記述するが、この解釈は「人それぞれ」のような気もする…

京阪新編成表
京阪新編成表 posted by (C)P車解結可6連
以上の資料4枚より、上図のような関係になると推測される。

この場合、廃車になるのは2200系の発電ブレーキ車(抵抗制御車)と2600系(0番台)であろう。発電ブレーキ車は全廃止の方向で検討されている模様で、現に2011年5月の改正で廃車となった2200系は全て発電ブレーキ車である。
一方2600系は界磁位相制御+回生ブレーキと機器面だけで見れば6000系と大差ないが、車体が1959年から製造された2000系から流用したものである為老朽化が著しく(除く30番台)、また短編成でも走れるような構成になっている都合で長編成を組むと機器の重複が発生するなどして無駄な面もある。
現在2200系の発電ブレーキ車と2600系(0番台)はそれぞれ5本ずつ在籍し、今回の8連車の7連化で十分置き換えられるものとなっている。

ところが、一気に8連が12本減少するというのは非現実的であるし、新造車が無いと現在の編成数から10本以上減少することとなる。朝夕しか走らないのならば古い車両を8連化するという手もあると思われるが、現状ではそこまでははっきりとしない。

前述の通り、部内では真剣に検討が進められている模様であるため、8000系の車端部ロングシート化による運用の柔軟さ向上も併せると近い将来大きな変化が起きる可能性がある。今後の情報に注視していきたい。

(2011/10/18追記) Twitterだったりこのブログに書いたりして、その反応から浮かび上がった疑問点を書きました。[More...]よりご覧下さい。

【速報】京阪6000/7200/9000系の7連化と9700系製造

本日(10/16)京阪寝屋川工場において「ファミリーレールフェア」が実施された。その中で、8005Fの運転台体験の横にある車両部の掲示板に、6000/7200/9000系の7連化とそれによる余剰車で(仮)9700系を製造する、という内容の紙が掲示されていた。

9000_7cars
9000_7cars posted by (C)P車解結可6連
まずは9000系の7連化。単純に1両抜くのではなく、5号車と6号車の9150形と9550形を抜き出し、替わりに6000系6553~6556を組み込むというもの。
7200_7cars
7200_7cars posted by (C)P車解結可6連
続いて7200系の7連化。こちらも単純に1両抜くのではなく、3号車と4号車の7800形と7300形を抜き出し、替わりに6000系6557/6558を組み込むというもの。
N9700_1
N9700_1 posted by (C)P車解結可6連
そして新車9700系。前述の7200系と9000系の余剰車に既に余っている6000系6551と6552を改造、7連2本を組むというもの。
N9700_2
N9700_2 posted by (C)P車解結可6連
これら一連の内容は車両部車両課の一社員によるいわば「私案」のようなものであるようだが、技術部などにも提案しているなどと言う文言が文書中に見られる為、これらが実現する可能性は決して少なくない。

詳細はまた後日記すこととなるが、実現すれば2200系と2600系は大きく数を減らすと思われる。

鶴舞線の新車N3000形、現る(車両編)

名古屋市営地下鉄鶴舞線の新車N3000形は、10/8に山口県下松(くだまつ)市の日立製作所笠戸事業所を出発、10/9には名古屋市に到着した。この記事ではN3000形の細かい部分を見ることとする。なお、輸送の様子(と若干撮影的な何か)についてはこちらの記事をご覧いただきたい。
1009-N3801_2
1009-N3801_2 posted by (C)P車解結可6連

今回は画像数が多い為、続きは分けてあります。[More...]よりご覧下さい。

鶴舞線の新車N3000形、現る(輸送編)

名古屋市営地下鉄鶴舞線の新車N3000形は、10/8に山口県下松(くだまつ)市の日立製作所笠戸事業所を出発、10/9には名古屋市に到着した。この記事ではN3000形の輸送について扱うこととする。なお、車両細部についてはこちらの記事をご覧いただきたい。

・どんな電車か?
鶴舞線開業時から活躍している3000形を置き換える為の車両である。年1本のペースで増備され、3000形を置き換えて行く計画のようだ(3000形は15本あるから単純計算で15年掛かるけど)。
公営なので入札で製造会社が決定されることになり、今回は日立製作所が受注した。最近の名古屋市営地下鉄の新車は東山線N1000形、桜通線6050形と日車式ブロック工法が採用されていたが、日立製作所の製造ということでアルミ車体のA-train工法が採用された。
一方2本目以降は日本車両が製造されるという説があり、事実側面窓の大きさなどは日車式ブロック工法を採用した電車に近くなっている。

・尾張一宮にて
1009-EF66-113
1009-EF66-113 posted by (C)P車解結可6連
牽引はEF66-113号機が行った。
1009-N3101_1
1009-N3101_1 posted by (C)P車解結可6連
前面部分は青いビニールで覆われている。

今回は画像数が多い為、続きは分けてあります。[More...]よりご覧下さい。

名鉄の未撮影、残り2本に(10/3撮影日記?)

たこくんと一緒に名古屋へ。でも用事は2時間足らずで終了したので瀬戸線や中央線の撮影に。瀬戸線は遠いのもあって撮影率が今一つ(この時の残り6編成中5本が瀬戸線)、中央線も7割を超えては居ましたがもう少し撮っておきたいな、と。
取り敢えず名鉄瀬戸線に乗車、尼ヶ坂駅へ。
4003
4003 posted by (C)P車解結可6連
最初に来たのが4003F。撮影時は気付かなかったけど実は未撮影だった。1本落とした形で、次に来た普通で大曽根へ。因みにここまで来るのに乗車した普通は4002F、ここから乗車したのは4004F。気が付けば4000系も増えたものです。
4006
4006 posted by (C)P車解結可6連
大曽根に移動して最初に撮ったのがこれ、4006F。今年登場(だっけ)なだけあり、床下もまだ何処か綺麗。
6606
6606 posted by (C)P車解結可6連
6603
6603 posted by (C)P車解結可6連
続いて6600系が来ました。瀬戸←6603F+6606F→栄町、この編成は未撮影でした。

この日、未撮影の4007Fは車庫でお休み。今回の撮影で、未撮影となっているのは瀬戸線は前述の4000系1本、豊田線200系1本の2本となりました。ゴール目前…なのかな?

因みにこの後…
K52
K52 posted by (C)P車解結可6連
神領に転属した211系0番台(K52編成)や…
B502
B502 posted by (C)P車解結可6連
尾張一宮に留置されている神領区の313系1300番台(B502編成)を撮影したりして岐阜へ、そこから名鉄で羽島へ。殆ど思いつきで動いたのですが、それにしては良かったかな、と。
 

プロフィール

 

P車解結可6連

Author:P車解結可6連
「FUKUJU TRAIN NET(略称FTN)」の管理人P車解結可6連が運営するブログです。
プロフィールはこちらをご覧ください。

※このブログは吐夢様のメモ活動を許可しています(毎度巡回ありがとうございます)。

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

月別アーカイブ

 

 

最新コメント

 
 

カウンター

 

カウントは2008/9/23/21:55開始

 

Twitter

 

 

映画「阪急電車」

 

 

リニア・鉄道館

 

 

RSSリンクの表示

 
 

リンク

 
 

ブロとも申請フォーム

 
 

QRコード

 

QRコード

 

検索フォーム