FC2ブログ
 

 管理人の雑記や鉄道ニュース、地元羽島の鉄道の情報に撮影日記、サイトの更新情報やBVE制作記など、なんでもありのブログ。

3302Fに「ZERO BANK」ラッピング

7/22(月)、3300系にサークルKサンクスのコンビニATM「ZERO BANK」のラッピングを施した車両が登場した。
3302_zerobank
3302_zerobank posted by (C)P車解結可6連
写真:金山駅に入線する「ZERO BANK」ラッピング車
ラッピングされた編成は3302F。色は「ZERO BANK」のATM(現金自動預け払い機)と同じ赤と黒で、側面の赤帯はそのまま生かされているのが特徴。扉は帯より上を赤に、帯より下を黒にラッピングしていて、戸袋部にはサークルKサンクスのロゴやATMの写真が貼られている。前面も赤と黒で、手摺りの下には大きく「ZERO BANK」のロゴが入っている。赤と黒の境目はライトなどのある飾り帯の部分。
今回のラッピング車は名鉄側・ZERO BANK側ともに事前発表がなく、突然の登場となった。そのため運転期間などは現時点では全く分からない。
スポンサーサイト



3511FにLCD式情報案内装置取り付け

制御装置の更新で話題となった3511Fであるが、今週水曜日(7/3ごろ)になって同車豊橋方先頭車であるク3511の豊橋方の情報案内装置がLED式からLCD式に変更されているのが確認された。
705-3511LCD_2
705-3511LCD_2 posted by (C)P車解結可6連
ご覧のとおり、従来LED式の情報案内装置が設置されていた場所にLCD式の情報案内装置が設置されている。LCD式の情報案内装置は2008年に登場した瀬戸線の4000系で既に採用されているが、本線系の通勤車では初めてである。同車は7/1と7/2に運用に入らず犬山検車区に入っていたようで、広見線で試運転を行っていたという情報もある。交換はこの間に行われた可能性が高い。
705-3511LCD_3
705-3511LCD_3 posted by (C)P車解結可6連
これはコイト電工の「パッとビジョン」という製品であり、情報の多様化や視認度の向上のほか、LED式より省エネである点、LED式のものから簡単に取り換えることが出来る点も特長として挙げられている。
表示は左半分と右半分に分かれている。左半分は列車の案内が中心で、停車中は種別と行先を表示、発車すると次駅案内も行う。英語表記と交互だが、コイト電工のページによれば中国語・韓国語の案内にも対応している模様。 右半分は「ご案内」欄。停車中は停車駅の案内を行い(日本語・英語交互)、乗換駅では案内が行われるほか、駅間が長い場合などは啓発放送の他に中日新聞ニュースやスピードメーターも表示される。スピードメーターは3500系のイラストが表示される本格的な物のようだ。但し掲載している写真を撮った竹鼻線運用では発車すると次の駅まで空欄になってしまう。
50-LED
50-LED posted by (C)P車解結可6連
[参考]従来のLED式情報案内装置
但し従来のLED式のものから取り換えただけでは無さそうである。実は表示器自体は横幅が従来のものより小さくなっており、号車案内や禁煙マークなどがある左の部分が従来より広くなっている。
表示内容は左右2分割されたことで列車や字駅の案内が常に表示されるようになったという変化はあるが、それ以外は従来のLED式と全く変わっていない。竹鼻線での次駅停車まで無表示になってしまう現象も、この間LED式のものが「次は○○」と固定表示をしているからだと思われる。
705-3511LCD_4
705-3511LCD_4 posted by (C)P車解結可6連
また号車案内表示器も従来より明るくなったように感じられるが、個体差なのか何らかの変更があったのかは定かではない。

自分が乗車した列車では、この表示器を見て複数の乗客が「何か違うね」などと話していた。僅か1編成、それも1両の片方だけの設置であるが、改造が今後他車にも波及するかが注目される。
 

プロフィール

 

P車解結可6連

Author:P車解結可6連
「FUKUJU TRAIN NET(略称FTN)」の管理人P車解結可6連が運営するブログです。
プロフィールはこちらをご覧ください。

※このブログは吐夢様のメモ活動を許可しています(毎度巡回ありがとうございます)。

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

月別アーカイブ

 

 

最新コメント

 
 

カウンター

 

カウントは2008/9/23/21:55開始

 

Twitter

 

 

映画「阪急電車」

 

 

リニア・鉄道館

 

 

RSSリンクの表示

 
 

リンク

 
 

ブロとも申請フォーム

 
 

QRコード

 

QRコード

 

検索フォーム