FC2ブログ
 

 管理人の雑記や鉄道ニュース、地元羽島の鉄道の情報に撮影日記、サイトの更新情報やBVE制作記など、なんでもありのブログ。

5/25 朝乃山優勝と号外

令和最初の大相撲本場所は富山出身の朝乃山が平幕優勝という形で幕を閉じました。
管理人は高校生くらいの時から大相撲を見るようになりましたが、Twitter以外ではあまり触れていないような気がします。岐阜に住んでいた頃に1度だけ本場所を観戦したことがあるほか、名古屋場所の前には地元羽島に木瀬部屋の宿舎がありましたので朝稽古を見学したりしていました。羽島に住んでいた最終年、2016年は怪我で番付を下げている宇良が注目を集めていた頃で、それはもう大変な人出でした。それから名鉄特急に乗ったら旭天鵬関と同じ車両になったこともありましたね…懐かしい。

富山に引っ越してきた2017年春、春場所で十両昇進を果たした石橋改め朝乃山が県勢二十年ぶりの関取となり、注目度が俄かに高まっていた時期でした。
170617-朝乃山トークショー
170617-朝乃山トークショー posted by (C)P車解結可6連
その年の6月、近所のショッピングモールで朝乃山トークショーが開催されました。まだ十両だったとはいえ朝乃山の出身地にも至近とあって大盛況、自分は開始直前に着いたので良い場所が確保できなかった覚えがあります。自分の地元岐阜出身の関取も長く生まれていないだけに、郷土力士がいる感覚と言いますか、関心の高さというものを初めて感じた瞬間でもありました。
ただこの時はまだ十両だったんですね、いずれ強くなって幕内上位で活躍するだろうとは思っていましたが、まさか優勝を、しかもこんなに早く、と言うのは予想外でした。

もちろん注目の高さがあってのことではありますが、地元紙は新入幕はまだしも三賞受賞でも号外を出したそうですし、NHKの夜のローカルニュースは15分枠を持て余し気味ですので、本場所中は朝乃山の取組を毎日冒頭にノーカットで伝え、何なら土俵入りや前後の親方の解説まで入る日もあるなど大盤振る舞い。
そんな地元の新聞社が幕内最高優勝を決めた号外を出さないはずがありません。折角なので貰いに行ってきました。

号外が配られるのはだいたい富山駅。車で15分強走れば駅北の安い駐車場に止めることが出来ます。駅北に車を止めたもう一つの狙いは富山ライトレールに入った新車、8分の1で日中以降は半分近くの車両が寝ている勘定ですからそう上手いこと遭遇できるとは思えませんが…
TLR0608
TLR0608 posted by (C)P車解結可6連
何といきなりやってきました。これには驚く他有りません。
この新車は開業時に投入した車両から13年の間が開いており仕様に相違があるせいか「TLR0600E形」を名乗っており、乗降扉周りの塗装を銀色としています。この銀色がまた光をよく反射するようで、前面帯部も別に光っている訳でないのですが照明が仕込まれているかのように見えます。
富山駅北電停に到着後軽く観察をしましたが、じっくり観察している暇はありません。今日は号外を貰いに来たのです。南北自由通路が一応できましたので駅南へは直ぐに行けるようになりましたが…

190525-号外行列1
190525-号外行列1 posted by (C)P車解結可6連
既に号外を求めて列が出来ていました。都会では号外の奪い合いがそれはもう大変な事態になるとのことですが、ここ富山でも人数は少ないものの似たような光景が繰り広げられます。第1刷は直ぐに無くなり、新聞社の人が「直ぐに次が来ます」とは言うもののはて何分待つやら… と思ったのですが。
190525-号外行列2
190525-号外行列2 posted by (C)P車解結可6連
3分くらいで第2刷が届き無事確保。群衆も安定供給されると判断したようで最初のような殺伐とした雰囲気は消え、少し離れたところではテレビ局が号外を手に取った人へのインタビューを行っていました。

190525-TRRT9001
190525-TRRT9001 posted by (C)P車解結可6連
暗い時間ですが号外片手に路面電車を撮ります。9001号は昨年末に稲荷町から回送される様子を撮った車両ですね。
190525-TRRT7019
190525-TRRT7019 posted by (C)P車解結可6連
7019号。暗いのと号外片手に写真を撮ることの難しさに気付き(当然)、帰ることにしました。

190525-大相撲富山場所
190525-大相撲富山場所 posted by (C)P車解結可6連
市内中心部には随所に夏の大相撲富山巡業の広告が掲示されていました。今年は優勝力士の凱旋ということになりますから大いに賑わいそうです。
190525-TLR0607
190525-TLR0607 posted by (C)P車解結可6連
再び駅北に戻ると紫色の第7編成がやってきました。路面電車も来年春には南北が直通し富山ライトレールは会社としては消滅、「富山駅北」行きも無くなることでしょう。

190525-号外
190525-号外 posted by (C)P車解結可6連
これがその号外、北日本新聞の号外は同社のサイトからも閲覧できます。しかし号外って意外と頻繁に出てるんですね、実際に街頭で配るのがどのくらいの数なのか分かりませんが…

優勝で来場所は一気に番付を上げるであろう朝乃山。そもそも上位陣に不調な力士が多かった故の優勝ということはあるかもしれませんが、来場所は状態を戻してきた横綱・大関陣との総当たりになるでしょうから厳しい戦いも予想されます。今後も目を離せません。


[新コーナー:質問に答える]
問:どうして「撮影記・旅行記」なのか
答:ほら一応電車撮ったし…
スポンサーサイト



 

プロフィール

 

P車解結可6連

Author:P車解結可6連
「FUKUJU TRAIN NET(略称FTN)」の管理人P車解結可6連が運営するブログです。
プロフィールはこちらをご覧ください。

※このブログは吐夢様のメモ活動を許可しています(毎度巡回ありがとうございます)。

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

月別アーカイブ

 

 

最新コメント

 
 

カウンター

 

カウントは2008/9/23/21:55開始

 

Twitter

 

 

映画「阪急電車」

 

 

リニア・鉄道館

 

 

RSSリンクの表示

 
 

リンク

 
 

ブロとも申請フォーム

 
 

QRコード

 

QRコード

 

検索フォーム