FC2ブログ
 

 管理人の雑記や鉄道ニュース、地元羽島の鉄道の情報に撮影日記、サイトの更新情報やBVE制作記など、なんでもありのブログ。

名鉄の新型機関車

名鉄としては1952年以来63年ぶり、大手私鉄全体でも29年ぶりの導入となる新型機関車についてお伝えします。

【その前に…】
まずは名鉄の機関車について軽く触れておきます。
現在名鉄が保有している機関車は、全て戦前から戦中にかけて製造されたもので、デキ600でさえ70年近く経つことになります。「現在」と書いたのはデキ600の後に導入された電気機関車が存在したからですが、これらはいずれも1960年代には他社へ譲渡されています。
FKデキ3
FKデキ3 posted by (C)P車解結可6連
写真の福井鉄道デキ3も、元は1951年製の名鉄デキ110形111。その後遠鉄を経て福鉄入りしています。

機関車の更新が更新改造をすることなのか、或いは置き換えということなのか、置き換えだとしたら名鉄どころか大手私鉄としても数十年ぶりの機関車新造ということで、鉄道趣味者の間で注目されていました。(自分は岳南のED40とか買ったのに使わない西武→大井川のE31でも貰ってくるのかと思いました) 
昨年暮れになると東芝府中工場での目撃情報が上がってきて、その姿が現在製造の進む青函区間用EH800を縮めたような格好、しかもミュージックホーンが付いている?とのことで俄然注目が集まりました。

画像数が多いため、本日の様子と機関車については[More...]よりご覧下さい。

【輸送編】
1月29日に東京の工場を出発した新型機関車は、どこか(この辺りは調べてません)で一晩留置、昼過ぎに名古屋に到着するとのこと。最初は東名古屋港に直行することを考えていましたが、時間が余っていたので笠寺へ。
150130-笠寺
150130-笠寺 posted by (C)P車解結可6連
13時30分ごろに到着、結構な雨が降っていました。点検か何かで奥の保線車両は電源が入っていました。(何を見に来たんだ)

EF65-2036
EF65-2036 posted by (C)P車解結可6連
30分くらい待ってお目当ての列車が到着。
150130-甲種1
150130-甲種1 posted by (C)P車解結可6連
後ろには車掌車が付いています。見づらいですが、2両ある新型機関車のうち、機関車の直後になる個所は全面にカバーをしてあります。

直後の普通列車で金山へ、そこから名鉄に乗り換え大江、歩いて東名古屋港まで向かいます。向かっている途中で汽笛が聞こえてきて、しかも大江に向けて歩く同業者らしき姿も複数。これは間に合わないか、と思ったのですが…
150130-ND5528
150130-ND5528 posted by (C)P車解結可6連
なんとかなりました。
150130-ヨ8630
150130-ヨ8630 posted by (C)P車解結可6連
車掌車と名古屋臨海鉄道の機関車1両はここで切り離され停車していました。車掌車を近くでじっくり見る機会も中々ないので、色々撮っておきました。
150130-デキ×4
150130-デキ×4 posted by (C)P車解結可6連
名鉄線内の牽引はデキ400が担当するようです。名鉄の純粋な箱型電気機関車はデキ400が唯一で、新型機関車はそれ以来となります(※電車や電動貨車改造の機関車が他にも存在)。

【車両編】
デキ121
デキ121 posted by (C)P車解結可6連
150130-デキ121
150130-デキ121 posted by (C)P車解結可6連
車体はEH800をベースにしているようで、特に前面形状は上部の前照灯が左右に分かれている他は非常によく似ています。EH800の最大幅は2800mm以上ですが、これでは名鉄の車両限界を超えてしまうので狭くなっているはずです。それこそ名鉄線内の牽引がデキ600だったらその辺りも見ただけで分かったのかもしれませんが…
側面も乗務員扉まではEH800とほぼ同等。機器室部分は中央に窓を1つ設置、窓のサイズはやはりEH800と同じくらいだと思います(形式図にも寸法がありませんでした)。乗務員扉の横には屋上に上るためのステップがありますが、これはこの車両独自のもの。塗装は今までの電気機関車とは打って変わって鋼製の電車と同じ赤色。帯が入っているようですがシートに覆われており色は不明です。裾部は灰色に塗っています。
車高が低いためスカートは天地寸法が小さいもの。その下にはスカートと同じくらいの大きさのスノープラウが設置されていますが、EH800が使用される路線のように大雪が降るわけでも無く、よく分かりません。因みに裾の灰色部の上端がEH800のスカート上端あたりだと思います…
屋根上にはシングルアームパンタを1基設置、また乗務員室用の冷房も設置しています。
デキ120_FS571MB
デキ120_FS571MB posted by (C)P車解結可6連
デキ120_FS571MB_2
デキ120_FS571MB_2 posted by (C)P車解結可6連
4000-FS571_2
4000-FS571_2 posted by (C)P車解結可6連
気になっていた台車ですが、やはり瀬戸線4000系と同じFS571でした。多少の形状差はありますが殆ど同じもので、正確な型番は「FS571MB」。
床下機器はまともな写真を片側しか撮れなかった他、撮れたところで何かわからないので省略。使用している機器類の詳細や性能も気になるところですが、この辺りは公式発表を待つしかありません。
150130-デキ122+デキ401
150130-デキ122+デキ401 posted by (C)P車解結可6連
車体長はデキ400より少し長そうです。

デキ300が廃車になったり機械扱いになったりで消滅、現在は6両が残っていますが、これをどのように置き換えるかが注目です。
スポンサーサイト
 

Comment

 
 

2015.02.04 Wed 18:29機関車、見ました!

初めまして。
本日、愛知県岡崎市の舞木検査場に赤い機関車がとまっているのを発見、検索してここにたどりつきました。
やはり新型さんなんですねっ。
またこちらのブログも拝見させてください。
  • #S2hR/EFI
  • さときち。
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

プロフィール

 

P車解結可6連

Author:P車解結可6連
「FUKUJU TRAIN NET(略称FTN)」の管理人P車解結可6連が運営するブログです。
プロフィールはこちらをご覧ください。

※このブログは吐夢様のメモ活動を許可しています(毎度巡回ありがとうございます)。

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

月別アーカイブ

 

 

最新コメント

 
 

カウンター

 

カウントは2008/9/23/21:55開始

 

Twitter

 

 

映画「阪急電車」

 

 

リニア・鉄道館

 

 

RSSリンクの表示

 
 

リンク

 
 

ブロとも申請フォーム

 
 

QRコード

 

QRコード

 

検索フォーム