FC2ブログ
 

 管理人の雑記や鉄道ニュース、地元羽島の鉄道の情報に撮影日記、サイトの更新情報やBVE制作記など、なんでもありのブログ。

9/15 地鉄10025F引退記念イベント第1弾

製造から約55年が経過している地鉄の10025Fと14722Fですが、東急8590系(→地鉄17480形)にも追加の余剰車が発生しておりそろそろ雲行きが怪しいかなあ、というところ。大阪の方を見ると55年記念のヘッドマークを付けて平然と走っている電車があったりする中、やはり嫌な予感は当たるもので両形式とも2019年中の引退が発表されました。
190421-14722_10025
190421-14722_10025 posted by (C)P車解結可6連
写真はその2編成が偶然並んだ4月の一コマ。ももクロ?のイベントに伴う大輸送で10025が終日走り回っていた日です。

引退記念の貸切列車が9月15日にあるということで、サークルの先輩である猫耳幼女さんかたやぶり2さん大庭掃部助兵衛さんが乗車することに(1応募3名まで)。自分はまあ撮れれば、何ならクハ175の連結妻と普段顔を出さない10026の前面さえ撮れればいいかなあ、という程度でした。
応募はあっという間に定員に達したらしく、猫耳幼女さんが葉書を出した翌日中には満員御礼の通知が。これは落選かなあ…と思っていたら何故か当選しており、定員100のはずの貸切列車に「117」と書かれた葉書が帰ってきました。「本当に117人も乗ったら座席あらへんやん!」とかいうやり取りをしていたのは1週間前「てっけんサミット」に向かうバスの中でした。

ところがその週末、猫耳幼女がバイクで転倒しケガ、とても参加出来そうに無いという話に。そういうことであれば…と急遽乗車組に回ることになったのです。集合は電鉄富山に朝7時30分、早い!
190915-14722_10025_1
190915-14722_10025_1 posted by (C)P車解結可6連
長くなりますので[続きを読む]よりご覧ください。

7時15分くらいに電鉄富山駅に着くと、既に参加者と分かる長い行列が。100人以上の受付を行うため発車までは随分時間があるようですが、受け付け開始時には既に今回の主役が停車中。
190915-3並び
190915-3並び posted by (C)P車解結可6連
端と端のホームではありますが早速もう一方の主役と言いましょうか、14722Fとの並びが実現。
190915-10025_10033
190915-10025_10033 posted by (C)P車解結可6連
あらクハ175も付いてるのね お陰で定員以上の応募があっても余裕で座席があります。
190915-175幕
190915-175幕 posted by (C)P車解結可6連
14760形は種別幕と行先幕が分離していますが「臨時」コマはどちらにもあるんですね…
190915-車内注意書き
190915-車内注意書き posted by (C)P車解結可6連
「しませう」
190915-記念乗車券
190915-記念乗車券 posted by (C)P車解結可6連
受付で受け取るのは今日の乗車券と行程表、それに新作の記念グッズ。乗車券は特別版ではありますが1日フリー乗車券が2500円、どこを走るかを知ることができる上にお土産や撮影会まで付いて参加費4000円ですから結構安いですね。座席は自由席、我々はモハ10026に陣取りましたが意外とクハ175に乗車した人も多かった印象。
そして受付さえ済ませてしまえば沿線に撮りに出ることも自由という結構驚きの告知。さてどうしましょう…


列車は8:05に電鉄富山を発車。まずは宇奈月温泉に向かいます。
190915-10025試運転
190915-10025試運転 posted by (C)P車解結可6連
まずは中滑川で8分停車、ここで撮影会が開かれます。実は大量に系統板を積み込んでいたらしく、板を掛け替え幕も連動させての撮影となります。写真は試運転、前衛的な文字が印象的です。
190915-新魚津
190915-新魚津 posted by (C)P車解結可6連
次は新魚津で9分停車。ここでも撮影会がありましたが1面2線の島式ホームでは中々厳しいものが…
190915-10025_2
190915-10025_2 posted by (C)P車解結可6連
9:46に宇奈月温泉着。条件は新魚津と同様で中々撮り辛いですが、この駅には「エリア特急くろべ」の看板が常備されており撮影会にも登場。10020形がこの列車に入ることは無いはず、珍しい組み合わせです。
190915-10025_3
190915-10025_3 posted by (C)P車解結可6連
宇奈月温泉到着直前に「最近流行りの車両故障が無ければ今回が最後の宇奈月温泉入線」とのアナウンスがありました。平日は不二越・上滝線、休日は立山線運用が軸ですのでそもそも宇奈月温泉への入線自体が少ないような気はしますが、ちょうど黒部峡谷鉄道の機関車がやってきたのでツーショット。
「最近流行りの」というのは10030形が週に2度も故障していたことがあってのアナウンス、実は2度とも10020形が救援に当たりました。

次は事実上の「アルペン特急」として立山に向かいます。
190915-10025_4
190915-10025_4 posted by (C)P車解結可6連
電鉄黒部で10分停車。標識板の「電鉄桜井」は電鉄黒部の旧称、中線に入ったのでやはり撮り辛いは撮り辛いのですが、複数線に跨る大屋根など当駅ならではのものと組み合わせて1枚。
190915-電鉄黒部
190915-電鉄黒部 posted by (C)P車解結可6連
撮影場所を確保するためか、列車は通常より奥に停車したようです。そのためクハ175の乗務員室寄り扉は締切扱い。
190915-10025_5
190915-10025_5 posted by (C)P車解結可6連
上市には11:10着、ここで弁当を積み込みます。
190915-弁当1
190915-弁当1 posted by (C)P車解結可6連
190915-弁当2
190915-弁当2 posted by (C)P車解結可6連
ご飯の上に載った昆布やホタルイカが富山を表現します。

寺田で転線し一気に立山へ。この転線作業は初体験でしたが、踏切を塞いで停車する中運転士が線路に降り一気に走っていく姿が印象的でした。
190915-3並び2
190915-3並び2 posted by (C)P車解結可6連
立山12:03着、ここでは1時間近く時間があります。弁当を注文しなかった参加者の昼食タイムなどの意味合いもあるでしょうか。そんな中編成は引き込み線に入り、上手いこと運用を組んだのでしょう、冒頭に掲げたように線路内に入って14722Fと並んでの撮影会も開催されました。これは行程表にも書いてなかったので驚きでしたが…
190915-14722_1
190915-14722_1 posted by (C)P車解結可6連
この撮影会、実は単独で撮るには14722Fの方が撮りやすい状況でした。
190915-14761
190915-14761 posted by (C)P車解結可6連
留置線から撮影した普段は絶対に撮れないアングル。

そういえば10025Fは走行写真を撮ったことがありません。このまま行くと自分はその機会が無いまま終わりそう、一方(゚3゚)さんは撮影に回るとのことで、写真と岩峅寺での立山線→上滝線への転線を天秤にかけることに…
190915-10025_6
190915-10025_6 posted by (C)P車解結可6連
結局撮影を選択しました。割と有名な鉄橋を渡る構図。
貸切列車はこの後岩峅寺で30分停車があり同駅14:05発、後続の定期列車に乗車すると岩峅寺には14:07着。ここでは間に合いませんが貸切列車の富山着が14:50なのに対しこの定期列車は14:48着、つまり稲荷町や電鉄富山に行けば再び撮影できるのです。
190915-10025_7
190915-10025_7 posted by (C)P車解結可6連
立山からの電車内では爆睡。稲荷町の手前で(゚3゚)さんに起こしてもらい、到着後は写真が撮れる位置まで寝ぼけ眼にも拘らず猛ダッシュ。何とか撮影できました。

190915-10025_8
190915-10025_8 posted by (C)P車解結可6連
その後アピアで涼んでいたら10025Fは既に戻ってきていました。乗車組は電鉄富山で一度解散、16時に再集合の流れです。

その間に立山から戻ってきた14722Fと連結します。この連結は恐らくこれが最後、多くのファンが見守ります。
190915-10026_1
190915-10026_1 posted by (C)P車解結可6連
190915-175_3
190915-175_3 posted by (C)P車解結可6連
ここでようやく撮りたかったモハ10026の顔とクハ175の妻面を撮影。

190915-14722_2
190915-14722_2 posted by (C)P車解結可6連
電鉄富山に戻って14722F+10025Fを撮影。最後は中滑川への往復ですが、ここから乗車を選択したのは参加者の3分の1かそれ以下かという程度。両数は増えたので車内はガラガラ、実に贅沢な空間です。
190915-常願寺川
190915-常願寺川 posted by (C)P車解結可6連
お馴染み常願寺川のポイント。さながら「マルチメディア常願寺川」になっているかと思いましたが、思いの外人数は少なめ。
190915-10026_2
190915-10026_2 posted by (C)P車解結可6連
途中の扉扱いは無く中滑川に到着。ここまで来たものの僅か10分しかありません。意外と慌ただしい撮影会です。時間は既に17時ごろ、あれこの後車庫で撮影会って暗くないか…?

そうなるとまだ何とか陽のあるうちに何とか4連を撮っておきたいなあ、と思いまして…
190915-14722_3
190915-14722_3 posted by (C)P車解結可6連
190915-10026_3
190915-10026_3 posted by (C)P車解結可6連
上市で同駅始発の普通に接続するため、同駅で乗り換え寺田へ。ここでサークルの先輩であるTSuBΛm2Eさんと偶然合流。何とか撮ることができましたが、ここから10分程度掛かる常願寺川はどうだったでしょう…

後続の普通で稲荷町へ、撮影会に参加します。
190915-14722_10025_2
190915-14722_10025_2 posted by (C)P車解結可6連
まあそうなりますよね…
190915-14722_10025_3
190915-14722_10025_3 posted by (C)P車解結可6連
手持ちでの撮影は限界があります。
190915-稲荷町車庫
190915-稲荷町車庫 posted by (C)P車解結可6連
構内に入るのはこれが初めてでしたが、まさか暗い時間になるとは思いませんでした。


18時40分過ぎに最後の挨拶があって解散。結局定員を増やして120名が参加したとのこと、ということは「117」からの3人ってもう本当に最後の最後に滑り込んだ格好だったということですね。
予定外の参加ではありましたが1日楽しむことができました。関係された皆様にこの場を借りてお礼申し上げます。
スポンサーサイト



 

Comment

 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

プロフィール

 

P車解結可6連

Author:P車解結可6連
「FUKUJU TRAIN NET(略称FTN)」の管理人P車解結可6連が運営するブログです。
プロフィールはこちらをご覧ください。

※このブログは吐夢様のメモ活動を許可しています(毎度巡回ありがとうございます)。

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

月別アーカイブ

 

 

最新コメント

 
 

カウンター

 

カウントは2008/9/23/21:55開始

 

Twitter

 

 

映画「阪急電車」

 

 

リニア・鉄道館

 

 

RSSリンクの表示

 
 

リンク

 
 

ブロとも申請フォーム

 
 

QRコード

 

QRコード

 

検索フォーム