FC2ブログ
 

 管理人の雑記や鉄道ニュース、地元羽島の鉄道の情報に撮影日記、サイトの更新情報やBVE制作記など、なんでもありのブログ。

5/3 撮影日記「山車・祭り編」

本日の撮影日記は鉄道以外に「竹鼻まつり」に出てきた山車も撮ったため、画像数が膨れ上がってしまいました。今回は撮影日記を2つに分け、「鉄道編」と「山車・祭り編」でお送りしております。
それでは「山車・竹鼻祭り編」、どうぞ!
「続きを読む」からご覧ください。

まずは9:40頃に市役所前で電車の写真を撮りました。
その後、あっちこっちで御輿が見られるため、いつもとは違う道で竹鼻駅に向かいます。
503-kaminabeya1
503-kaminabeya1 posted by (C)P車解結可6連
上鍋屋の山車です。進路は北寄り。
503-1803_2
503-1803_2 posted by (C)P車解結可6連
竹鼻で写真を撮ったあと、名鉄の保線員の方が見える踏切へ。「竹鼻4号」という踏切だったようです。
503-kawacome
503-kawacome posted by (C)P車解結可6連
その踏切でしばし待機。そうしたら…来ました!
503-kawa1
503-kawa1 posted by (C)P車解結可6連
架線を押し上げる梯子ですが、河和線上ゲで見たのは竹梯子だったのに対し、こちらは金属製っぽくてびっくり。感電しないの!?
503-kawa2
503-kawa2 posted by (C)P車解結可6連
最初に来たのは「川町」の山車。問題は発生せず進んでいきました。
503-naka1
503-naka1 posted by (C)P車解結可6連
続いて中町。
503-naka2
503-naka2 posted by (C)P車解結可6連
山車を真剣に見たことがなかったのですが、それぞれ違うんですねぇ。しかも、竣工が新しくて明治時代というのですから、驚きです。
503-kaminabeya2
503-kaminabeya2 posted by (C)P車解結可6連
続いて先ほど見た上鍋屋。
503-kaminabe3
503-kaminabe3 posted by (C)P車解結可6連
踏切を渡った先に坂があるので勢いをつけようとしたのでしょう、かなりのスピードで踏切を渡った…までは良かったものの、操作ミスで画像の通踏切の柵と擦ってしまい、山車の一部がはがれてしまいました。操作がいかに大変であるかがわかった一瞬でした。
503-shimonabe1
503-shimonabe1 posted by (C)P車解結可6連
岐阜行きの通過を待つ下鍋屋町の山車。
503-shimonabe2
503-shimonabe2 posted by (C)P車解結可6連
梯子で架線を持ち上げる保線係の方。
503-shimonabe3
503-shimonabe3 posted by (C)P車解結可6連
通過していきました。
503-fukue1
503-fukue1 posted by (C)P車解結可6連
一方、一つ市役所前よりの「竹鼻5号」踏切でも動きを確認。
503-fukue2
503-fukue2 posted by (C)P車解結可6連
福江町の山車のようです。
503-fukue3
503-fukue3 posted by (C)P車解結可6連
で、その山車が竹鼻4号に来ました。
503-fukue4
503-fukue4 posted by (C)P車解結可6連
道路にも山車の車輪の跡が確認できます。
503-shin1
503-shin1 posted by (C)P車解結可6連
続いて新町の山車。坂はきついです。
503-ue1
503-ue1 posted by (C)P車解結可6連
上町の山車。新しそうに見えますが明治時代製だとか…

これで出てきた7つの山車がすべて通りました。このあと竹鼻5号踏切で再び撮ったのですが、今一つだったので掲載はしません。

503-shotengai
503-shotengai posted by (C)P車解結可6連
一応祭りそのものについても触れておきましょう。竹鼻の商店街には多数の屋台が出てきます。そして、通常の30倍くらいの人が集まって、それぞれ楽しみます。
503-matsuyamaoura
503-matsuyamaoura posted by (C)P車解結可6連
これに伴い、一部の道路に規制がかかりました。特にこの道では山車を一斉に並べるイベントを行います。奥の道路が赤くなっている部分がそれです。

・おまけ
503-mikoshi1
503-mikoshi1 posted by (C)P車解結可6連
山車ではありませんが、子供会単位ででしょうか?御輿を何度も見ました。


以上、祭りレポートでした。ちなみに、屋台で何か買ったかというと、何も買っていません。買う気もありませんでしたし、それ以前に所持金70円では…ねぇ。
スポンサーサイト



 

Comment

 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

プロフィール

 

P車解結可6連

Author:P車解結可6連
「FUKUJU TRAIN NET(略称FTN)」の管理人P車解結可6連が運営するブログです。
プロフィールはこちらをご覧ください。

※このブログは吐夢様のメモ活動を許可しています(毎度巡回ありがとうございます)。

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

月別アーカイブ

 

 

最新コメント

 
 

カウンター

 

カウントは2008/9/23/21:55開始

 

Twitter

 

 

映画「阪急電車」

 

 

リニア・鉄道館

 

 

RSSリンクの表示

 
 

リンク

 
 

ブロとも申請フォーム

 
 

QRコード

 

QRコード

 

検索フォーム